AKIRA KUGIMACHI

Snowscape

<back

snowscape200 snowscape200



 
Snowscapeシリーズ制作の発端は、幼き頃の経験に遡る。
物心ついてから8歳までをベルギーで育った私は、両親に連れられてヨーロッパ中を旅した。
その中で最も強くこころに刻み込まれたのが、スイスの雪山だった。
スイスの湖畔で、遠くを眺めスケッチをする5,6歳の頃の写真が残っている。
二十数年後フランスに滞在するようになり、「時間の流れによる自然の変化を絵画で表現する」というコンセプトのもと、
波や光をモティーフにした作品制作にしばらく没頭した。
その間に、再びモンブランへ雪山を一度だけ見に行った事がある。
バーゼルアートフェアの帰りにふらっと思い立って寄ったのだった。
あきらかに人間の手では作ることのできない、自然の威力が作った形がそこにはあった。
それは人間の一生、あるいは人類の歴史すらはるかに超えた、とてつもなく時間をかけて作られた「何か」であった。
日が暮れるまでその風景を凝視した後、下界とでも言う様な地上の世界に戻って来た時、
妙に陳腐な現実に引き戻された気がした。
この世界をどうしても絵画として伝えたいと切望して、それからさらに長い年月が経った。
この衝撃を伝えるための確かな技法やコンセプトが明確になるには、アイデアを暖める必要があったのだ。
その後ツエルマットやインターラーケンへ足を運び、標高4000メートルの空気が希薄な場所で、シャッターを切る指が震えない
様に息を切らして、何度も取材を行った。
このシリーズに本格的にとりかかる明確なきっかけがあったわけではない。常にこころのどこかで意識をしながら少しずつ準備を始めたが、数年に及ぶ多数の作品制作の経験が、これらの作品の素地を作ったのかもしれない。
ある方がこのシリーズを見て、「まるで人類が死に絶えた後の無人の世界を人工衛星が捉えた、SFの近未来世界のようだ」と
評して下さった。
私は、“世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう”(※)という、フランスの人類学者の言葉を思い出した。
人間の一生という現実の時間からの開放を促す一種の装置のようなもの、それこそがアートだと思う。
私たちのDNAの中にありながら忘れてしまった遠い過去の記憶を蘇らせ、また同時に私たちの存在自体が遥か昔の事であったと
思えるような、未来的な光景にも触れるものであれば、これほど有り難いことはない。

※(クロード・レヴィ=ストロース 、悲しき熱帯/1955)